ヒアルロン酸でマイナス10歳肌!?翌朝実感のスキンケア術

   77e65fd3-0ef0-4f53-a4a7-88e8ec1c3159

 

 

エイジングケアにはヒアルロン酸!?

 

このように考えている人がとてもたくさんいます。

 

しかし、ヒアルロン酸は、肌に吸収されることで

ふくらみを持たせる成分。

 

決してアンチエイジング成分、というわけでは

ありません。

 

では、本当にマイナス10歳肌を叶える

エイジングケアスキンケアには、

何が効果的なのでしょうか。

 

クレンジングとナイトクリームで翌朝どう変わる?

skincare_01

まず、大切にしたいのが、夜の就寝中の時間。

 

夜22時から深夜2時は、お肌のゴールデンタイム。

 

成長ホルモンが活発に分泌される

絶好のアンチエイジングケアタイムです。

 

このゴールデンタイムの過ごし方で、

お肌の状態は大きく変わります。

 

充分な睡眠をとるのはもちろんのこと、

きちんとした栄養をお肌に与えておく必要があるのです。

 

なかでも大切なのが、

夜のメイク落としを丁寧にすること。

 

そして、質の高いナイトクリームで栄養を与えることです。

 

メイク落としを丁寧に、といっても、

ごしごしこすったりしてはいけません。

 

やさしくオフしましょう。

 

また、夜用のクリームは、こってりした使用感でも

問題ありません。

 

就寝中はお肌が乾燥しやすいため、

肌にしっかり栄養を与えることを優先的に考えましょう。

 

化粧水+●●で整える朝のスキンケアのコツ

point_01

朝起きたら、洗顔を忘れずに!

 

夜のうちに必要な成分は肌に吸収されました。

 

肌表面に残っているのは、排出された老廃物と

就寝中の汚れ。

 

きちんと落としてから、朝のスキンケアを始めましょう。

 

おススメは、化粧水を付けた後、

浸透力の高いジェルなどをプラスすること。

 

クリームや乳液が苦手、という人に特におすすめです。

 

朝のスキンケアは、何より、素早く浸透する事が大切。

 

すぐにメイクに入らないと間に合わない…。

 

そんな日でも間に合うような、スキンケアが大切です。

 

朝のスキンケアのポイントは、メイク前に

しっかり肌になじませておくこと!

 

べとつきなどが残っているようであれば、

歯を磨くなどして、浸透するのを待ちます。

 

気を付けたいのは、べとついた状態で

メイクを始めないこと!

 

メイクが浮いてしまう原因になり、

毛穴が目だったり小じわが定着する原因になります。

 

美容液は惜しまずに!スペシャルケアよりデイリーケアを

brown-18335_1920

美容液は、特別な日だけ。

 

そういう方いませんか?

 

是非ともやめてください!

 

美容液は、毎日のケアに取り入れてこそ、

お肌がイキイキと輝きます。

 

若かった頃であれば、美容液はいらなかったかもしれません。

 

しかし、小じわや肌のたるみ、毛穴が気になる現在、

そんな美容液の使い方をしてしまっては、

お肌の魅力が半減してしまいます。

 

お肌に出し惜しみは無用です。

 

スペシャルなケアほど、デイリーに行いましょう!

 

大人気エイジングケアを今すぐ確認する

 

コメントを残す